本文へスキップ
おおきなき

事務局


  相澤 純一 あいざわ じゅんいち
自分の考えた枠の中で子どもたちを動かそうとするのではなく、子どもたちの
微妙な表現に気づけるようになりたいと思います。
また、それをより多くの人に伝えていけるようにするお手伝いや、自分の力で
やりたいことができるようにするためのお手伝いをしていきたいと思います。

                中学校教員、特別支援学校教員を経て、「おおきなき」を立ち上げる


 
  竹内 理恵 たけうち りえ
ここにひと粒の種(初心)を蒔いて、仲間とともに、一歩一歩、学びながら
歩んで行きたいと思っています。
「その人が、その人らしく生きることを大切にしたい。
一緒に悩む。一緒に笑う。ささやかでも、心が通い合う瞬間を紡いでいきたい。いつか一人ひとりの心の中に、とっておきのおおきなき(輝・気・喜・生…) が育まれ、お互いに睦みあえる日を夢みて」

                                     社会福祉士、介護福祉士
        現在、高齢者や障害者の方々の人生に共に寄り添う仕事をしながら、おおきなきに関わる


 
  田中 千加子 たなか ちかこ
誰にでもある伝えたいことや想いを感じて、心がおだやかになる空間を作って
いきたいです。一人ひとりの意思が尊重され、想いがかなうようなお手伝いが
できたらと思います。
車いすの生活を楽しんだり外に出たりすることで、障がいのある人がいる世の中があたりまえになる一歩につながれば、と思っています。

       20歳のとき交通事故により頸椎損傷となり、車いすを使用。同じく車いすの夫と2人暮らし


 
  浦尾 裕子 うらお ゆうこ
みんなが、それぞれの違いを自然に認め合える世界になることが私の夢です。
『どんなことでうれしいと感じるか、どんなことにかなしいと感じるか、姿形は
違っても、それはみーんな同じ』という、あたり前のことに気づいてもらえたら
消えてしまう垣根はたくさんあるのでは?
そんな想いで、ここでの出会いを大切にしていきたい、と思っています。
障害理解の講座もしており、話した内容はこちらのブログで公開しております。

  → 「障がい者せんせい」 https://ameblo.jp/yupikorin0120

        宮城県出身。先天性の骨の病気がある。特技は子どもにわかる言葉で物事を説明すること


アドバイザー


     石川 政孝 いしかわ まさたか

神奈川県の養護学校の教員として主に肢体不自由教育に携わられ、
その後、国立特殊教育総合研究所重複障害教育研究部の研究官を長く務め、
現在、帝京大学教育学部初等教育学科教授。
先生の研究テーマは
「肢体不自由を主とする重複障害児の教育課程、指導内容・方法」
「重度・重複障害児の応答する環境」や「イタリアの統合教育」です。

連絡先
〒146-0092
 東京都大田区下丸子4-18-12
 ※地図 下丸子公園に面している方が
     入り口です。

Fax : 03-3758-3391
メールアドレス
 taiju06wa01@b07.itscom.net
                 



 ★ リンク ☆

click!

♪ブログおすすめ記事を載せています♪


click!

♪尾木ママのいのちの授業♪
事務局ゆうこの授業が載りました


★ 代表が参加しているグループ ☆

click!
マジカルトイボックス

ST@キッズフェスタ”



★ 応援しています ☆

click!

♪おおきなき事務局の仲間の活動♪


click!

♪ひよこの会♪
視覚障害児と保護者の会です