本文へスキップ
おおきなき

おもちゃと絵本の部屋って どんなところ?

ふれあいの部屋



☆☆ 本は2冊、スイッチやおもちゃは2点、それぞれ2週間貸し出します ☆☆

 絵本棚

       おもちゃ 




障がいのあるお子さんもないお子さんも、一緒に遊んだり、活動を共にしたり
できるスペースを、週1回程度、開いていきます。
特に、肢体不自由のお子さんでも、自分の力で遊んだり操作したりできる玩具や
機器を用意しています。


その発想のもとには、マジカルトイボックス(事務局:金森克浩氏他)での
活動があります。
マジカルトイボックスは、ずっと
「障がいが重い人でもコミュニケーションをしているはず。
 なんとかそれを豊かにできないだろうか。」
というテーマを掲げて活動してきています。

私も、障がいのある子どもたちにかかわる中で、その思いを強くしてきました。

絵本の読み聞かせや、パネルシアター、おもちゃを通したかかわりなどを通じて
大人と子ども、子どもと子ども、お互いが心を開き、共感していくきっかけを
作っていきたいと思います。

コミュニケ―ションしたいという気持ちを育て、一人ひとりに合った表現手段や
道具を考え、人と人との関係が豊かになっていくことのお手伝いができたらいい
なあと考えています。
 


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


  マルチメディア DAISY図書 2015 貸し出し開始
    公益財団法人 伊藤忠財団より、マルチメディアDAISY図書「わいわい文庫」が
    寄贈されました!
    障がいがあるために、紙の本では読むことが難しいお子さんがパソコンやタブレットで
    読むことができるようにしたものがDAISY図書です。
    CD 4枚に 61作品が収納されています。
    お気軽にお問い合わせください。


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★



        ろう学校の中学部時代に相澤が受け持っていた石川英太さんが、
        高等部卒業後、アトリエ・エレマン・プレザンの一員として描いた作品
        『大きな木』です。
        おもちゃと絵本の部屋に掲げてあり(複製)、シンボルとなっています。

          女子美術大学 Topics:インタビュー


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


MAP  ※ 東急多摩川線下丸子駅より 徒歩6分です



毎週水曜日  14時~17時 ※ 9月25日は休館日です

 公園に面した、こちらの看板が入り口です。
   車いす用のリフトが設置されています。


おもちゃと絵本の部屋の案内プリントはこちら
 ☞ おもちゃと絵本の部屋




 
連絡先
〒146-0092
 東京都大田区下丸子4-18-12
 ※地図 下丸子公園に面している方が
     入り口です。

Fax : 03-3758-3391
メールアドレス
 taiju06wa01@b07.itscom.net
                 



 ★ リンク ☆

click!

♪ブログおすすめ記事を載せています♪


click!

♪尾木ママのいのちの授業♪
事務局ゆうこの授業が載りました


★ 代表が参加しているグループ ☆

click!
マジカルトイボックス

ST@キッズフェスタ”



★ 応援しています ☆

click!

♪おおきなき事務局の仲間の活動♪


click!

♪ひよこの会♪
視覚障害児と保護者の会です